×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

加治隆介の議(1)

加治隆介、39歳。
一流商社のエリートサラリーマンである彼には、政治家である父・元春と父の下で働く兄・春彦がいた。
ところが、突然の事故で二人はこの世を去ってしまう。
残された隆介は、選挙への出馬を要請されるが、総理直々の要請も蹴ってしまうが… 政治不信の今、若き政治家・加治隆介が登場!永田町に風穴をあけられるか!?“世界的なスケールでの「人類の幸福」こそが、我々政治家の取り組むべき最大の命題なのだ”という父の遺志を継ぎ、衆議院選挙への出馬を決意した加治隆介。
しかし、地元利益誘導型の公約を棄てた加治隆介は、民政党の公認もはずされ、地元民の反感をも買い、大苦戦となる。
加治隆介の熱き闘いが、今始まる!衆議院選挙を闘い抜き、一度は落選しながらも、当選を勝ち取った加治隆介。
永田町の風雲児、政治家・加治隆介が誕生した。
議を唱える政治家を目指す彼は、派閥に属するだけでなく、若手の議員だけで独自の政策集団を作ろうと考える。
政治不信の現代日本に、新しい政治家像を提示する弘兼憲史の本格政治ドラマ!!父と兄の死は、事故ではなく、仕組まれていた…!? 加治隆介は、父・元春の死の真相を追うため渡米し、父の死の謎を知る男・下薗を発見する。
下薗を追い込んでいくうちに、鳩村総理の贈収賄に関与する疑惑が浮かんできた。
日本政界を激震させる光田工業事件の真相とは!? 日本政治の有り方を問う野心作!!隆介の父・元春と兄の交通事故死には、光田工業事件に関わる鳩村総理派の汚職隠しがからんでいた!! 実行犯の下薗はワシントンで拳銃自殺。
鳩村の金庫番の朝生も自殺を図るが、一命をとりとめる。
事件が一斉に報道される中、隆介の次の手は? 今、総理の犯罪が暴かれる!?続きはこちらから⇒ttp://www.ebookjapan.jp/shop/book.asp?sku=60006573