×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

影狩り(2)日光祭太鼓

“影”を狩る! 十兵衛、日光、月光の“影狩り”プロ集団三人組は藤堂三十二万石を救い、越中伊笛藩でも繰り広げる“影”との死闘! 2巻では日光こと乾武之進の過去と十兵衛こと室戸十兵衛の過去が!『影狩り』中、名作といわれる時代劇ホラー『化粧の城』! そして今回は、月光こと日下弦之介の妻子を失った悲しい過去が明らかになる『鐘の音』! あと1編は壮烈な死闘『蜂須賀二十五万七千石』!金水晶を守り抜け!『小仏峠の虐殺』  抜け荷をめぐって壮絶な死闘が!『抜け荷』お庭番いわゆる“影”の他に幕府が作ったもうひとつの刺客集団は柳生一門。
そして柳生三羽烏が送り込まれた!『刺客・柳生一門』十兵衛こと室戸十兵衛の宿敵・公儀大目付、大場瀬左衛門の謀略とは?『影死すべし』十兵衛、日光、月光三人がはめられた! 絶体絶命のピンチに!『棚倉六万石』他長編一挙100ページ『笹目藩 隠密同心養生所』も収録。
黄金仏を見つけるために、鳥も通わぬ南海の孤島、流人の住む島・八丈へ舟を漕ぎ出す“影狩り”たち。
荒れくるう大海で難破した彼らの運命は? 200ページの大作『赦免ばな』そして、もう1本は、異色作『吸血鬼』!続きはこちらから⇒ttp://www.ebookjapan.jp/shop/book.asp?sku=60001086