×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。






top

about

muegr1 muegr2 muegr3 muegr4 muegr5 muegr6 muegr7 muegr8 muegr9 muegr10 muegr11 muegr12 muegr13 muegr14 muegr15 muegr16 muegr17 muegr18 muegr19 muegr20 muegr21 muegr22 muegr23 muegr24 muegr25 muegr26 muegr27 muegr28 muegr29 muegr30 muegr31 muegr32 muegr33 muegr34 muegr35 muegr36 muegr37 muegr38 muegr39 muegr40 muegr41 muegr42 muegr43 muegr44 muegr45 muegr46 muegr47 muegr48 muegr49 muegr50


くもの巣城

<著者紹介> 57年、若木書房より『爆発5分前』でデビュー。
その後曙出版で『生きていた幽霊』『死の空中戦』『人魚岬の待伏せ』『肉弾鬼部隊』『海戦!死の記録』『空中決戦記』『幽霊戦線』『戦艦大和の最後』『海底人間魚雷』『潜航三千キロ』『空母撃沈作戦』等と当時人気のあった戦記マンガの単行本を多数描くが、他に『くもの巣城』『神変魔剣』といった時代マンガも描いている。
A5版貸本マンガでも青春もの野球ものなどと「現代忍者シリーズ」なども描く。
67年フジオプロ創立と共にマネージ&アイディアブレーンとして参加し古谷三敏・高井研一郎らと『おそ松くん』『天才バカボン』の制作。
70年代には「COM」ではじめた盗作シリーズ『バカ式』などを中心に多数のマンガ・パロディを描いた。
『ニャロメの数学教室』などのプロデュースも多数ある。
<著者紹介> 57年、若木書房より『爆発5分前』でデビュー。
その後曙出版で『生きていた幽霊』『死の空中戦』『人魚岬の待伏せ』『肉弾鬼部隊』『海戦!死の記録』『空中決戦記』『幽霊戦線』『戦艦大和の最後』『海底人間魚雷』『潜航三千キロ』『空母撃沈作戦』等と当時人気のあった戦記マンガの単行本を多数描くが、他に『くもの巣城』『神変魔剣』といった時代マンガも描いている。
A5版貸本マンガでも青春もの野球ものなどと「現代忍者シリーズ」なども描く。
67年フジオプロ創立と共にマネージ&アイディアブレーンとして参加し古谷三敏・高井研一郎らと『おそ松くん』『天才バカボン』の制作。
70年代には「COM」ではじめた盗作シリーズ『バカ式』などを中心に多数のマンガ・パロディを描いた。
『ニャロメの数学教室』などのプロデュースも多数ある。
<著者紹介> 55年、大阪の日の丸文庫より『最後の流星投げ』でデビュー。
以後『空手を使う男』『コルト32』『にんげん台風』『黒い影』『裏町の英雄』『第三の扉』などの単行本を続々発刊し、貸本短編誌『影』『街』『スリラーブック』などでもハードボイルドもので活躍した。
59年には、さいとう・たかを、辰巳ヨシヒロらと「劇画工房」を結成し、貸本劇画の代表的旗手となる。
62年に佐藤プロを設立して自らの出版活動を行うかたわら、若手を養成し、青年誌などで『黒い傷痕の男』『野望』『堕靡泥の星』といった話題作を次々と発表し、超売れっ子の劇画作家として活躍、著書に『劇画私史三十年』(東考社)『「劇画の星」をめざして』(文藝春秋)などがある。
<著者紹介> 55年、大阪の日の丸文庫より『最後の流星投げ』でデビュー。
以後『空手を使う男』『コルト32』『にんげん台風』『黒い影』『裏町の英雄』『第三の扉』などの単行本を続々発刊し、貸本短編誌『影』『街』『スリラーブック』などでもハードボイルドもので活躍した。
59年には、さいとう・たかを、辰巳ヨシヒロらと「劇画工房」を結成し、貸本劇画の代表的旗手となる。
62年に佐藤プロを設立して自らの出版活動を行うかたわら、若手を養成し、青年誌などで『黒い傷痕の男』『野望』『堕靡泥の星』といった話題作を次々と発表し、超売れっ子の劇画作家として活躍、著書に『劇画私史三十年』(東考社)『「劇画の星」をめざして』(文藝春秋)などがある。
<著者紹介> 55年、大阪の日の丸文庫より『最後の流星投げ』でデビュー。
以後『空手を使う男』『コルト32』『にんげん台風』『黒い影』『裏町の英雄』『第三の扉』などの単行本を続々発刊し、貸本短編誌『影』『街』『スリラーブック』などでもハードボイルドもので活躍した。
59年には、さいとう・たかを、辰巳ヨシヒロらと「劇画工房」を結成し、貸本劇画の代表的旗手となる。
62年に佐藤プロを設立して自らの出版活動を行うかたわら、若手を養成し、青年誌などで『黒い傷痕の男』『野望』『堕靡泥の星』といった話題作を次々と発表し、超売れっ子の劇画作家として活躍、著書に『劇画私史三十年』(東考社)『「劇画の星」をめざして』(文藝春秋)などがある。
続きはこちらから⇒ttp://www.ebookjapan.jp/shop/book.asp?sku=60001561



Copyright (c) くもの巣城の言葉の意味All rights Reserved.