×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


急行もがみ殺人事件とは

急行もがみ殺人事件

十津川の部下の清水刑事が結婚し、鳴子温泉から最上川下り、日本海の温泉を回る新婚旅行に出た。
同じルートをたどるもう一組の新婚カップルの夫が別の女性と一緒にいるのを目撃、その女性が殺された。
真理子の愛の旅路――桃畑に囲まれたおだやかな田園に育った少女時代のかれんな恋から、東京でのはでな恋まで。
喜劇というには哀しすぎ、悲劇というにはおかしすぎる青春のほろにがい想い出の数々…。
「たけくらべ」は、古い浅草吉原の四季のうつりかわりと生活の中に、美登利、信如、正太郎ら少年少女の幼き恋を流麗な筆致で浮き彫りしたもの。
明治文学中屈指の名作。
すでに新しい古典として定着し、賢治自身がもっとも自信に満ちて編集した童話集初版本の復刻版。
可能な限り、当時の挿絵等を復元している。
楽団のお荷物だったセロ弾きの少年・ゴーシュが、夜ごと訪れる動物たちとのふれあいを通じて、心の陰を癒しセロの名手となっていく表題作の他、「雪渡り」など、代表的な作品を集める。
続きはこちらから⇒ttp://www.ebookjapan.jp/shop/book.asp?sku=60008150



Copyright © 2009 急行もがみ殺人事件とは All rights reserved