×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

いつかかなう夢

従妹の結婚披露宴で、マティは、そばでもの思いにふける男性が気になり声をかけた。
彼はセバスチャンといい、ニューヨークの銀行家だった。
男性とは楽しくつき合い、深入りをしないのが、マティのスタイルだ。
悲しいけれど、わたしみたいな人間にはそれがふさわしい。
ハンサムなうえに、ウィットに富んだ会話のできるセバスチャンは、この場かぎりの話し相手としては最高だ。
だがマティは考えてもいなかった。
自分が彼の心に、強烈な印象を残してしまうことまでは……。
キムはがらんとした部屋に座り、呆然としていた。
二年ごしの恋人が、置き手紙を残して出ていってしまったのだ。
途方にくれているうちに、キムはふと思いたった。
そうだわ、幼なじみのジャックスに会いに行こう。
キムは昔、なにかにつけ彼を頼り、慰めてもらっていた。
きっとまた昔のように、傷ついた心を癒してもらえるだろう。
しかし、久々にジャックスに会ったキムの心は激しく揺れた。
彼はこんなに男らしくハンサムで、セクシーだったかしら?テイはロンドンのアパートに女友達と住んでいた。
友達が出ていき、ルームメイト募集の告知を貼りだした直後にやって来たのは不機嫌で無口な背の高い男性、マグナスだった。
マグナスは画家だと言うわりには仕立てのいいスーツを着ているし、一度も作品を見せてくれない。
そしてテイのデートに冷ややかな態度で口をはさんでくる。
「昨日はクームズ社の御曹司、今日はフレイザー社の若手社長か」ちがうわ、いつもの私はこうじゃない。
あなたが私を動揺させるから!父親を知らず、母も早くに亡くしたケーシーは施設で育った。
二十四歳になった彼女に、母の友人が父の名を明かす。
ジョック・マキヴァー――奥地で権勢をふるった有力者だ。
ケーシーは真実を探るため、奥地へと旅立った。
途中、果てしなく広がる荒野で、一人の男にでくわす。
とっさに身構えたが、すぐにならず者ではないとわかった。
ケーシーにとって、危険を感じさせない男は彼が初めてだった。
トロイと名乗ったその男に、ケーシーは生まれて初めてときめきを感じた。
「ママ、こちらはデイトン公爵よ」娘にそう言われて、ヴェリティは激しく動揺した。
まさか彼と再び顔を合わせる日が来るなんて!十年前の夜、放蕩者の名をほしいままにしていた彼と、招かれた屋敷で寝室をともにした。
だが、それは喜びとはほど遠く、ヴェリティは恥ずかしさに身悶えしながら自宅へ逃げ帰ったのだった。
脳裏をよぎる場面を振りはらい、彼女はひとり娘の手を取った。
この秘密だけは絶対に知られたくないと思いながら。
続きはこちらから⇒ttp://www.ebookjapan.jp/shop/book.asp?sku=60013481